採用コンサルティング関連情報

HOME採用コンサルティングを利用して人事制度を変える

最終更新日:2017/11/20

採用コンサルティングを利用して人事制度を変える

五人の手

企業にとって人事部門というのは直接収益を生むことのない間接部門です。しかしこの部門は企業の将来を背負う人材を生み育むための重要な部門なのです。人事部というのは外部の人材採用市場のみに目を向けていればいいのかというと決してそういうわけではありません。どんなに優秀な人材でも会社に適合しない人材を採用してしまうと、企業の生産性は上がりません。つまり人事部門というのは外部の世界と合わせて、企業の内部の業務にも習熟していて、なおかつ問題点を把握していないと、必要とする人材が確保できないのです。この点を理解して業務の遂行をしていいない人事部門は、社内で「人事部は仕事をしらない」という陰口を叩かれて全社のモティベーションを下げてしまう事になります。採用コンサルタントはこの点をよく踏まえているので、企業から採用に関する依頼があった場合は採用コンサルティングセミナーを開催して人材採用業務の入り口の整理を行うのです。採用コンサルタントはクライアント企業が望めばかなり踏み込んだ提案を行ってくれます。そもそも人は自分自身の長所、短所、問題点が案外見えておらず、この点は企業も同様なのです。採用コンサルタントは採用活動にあたり、全体の設計図を描きます。設計図を描くには企業の調査を行うことから始めます。この際に企業に不足している点や問題点などがあぶり出されます。こういった問題点が明らかになるとそれを解決するためのソリューションの作成に取り掛かります。この過程でどんな人材が必要かということが明確になってきます。次に採用に必要な人材を確保するために、どのように採用マーケットにアプローチを行うのかという点が検討されることになります。次にはアプローチした結果、接触できた人材の評価を行うことになり、評価に値する人材がいたならば入社の働きかけを行います。必要とする人材の入社が決まった暁には、その人材にふさわしいスキルアップメニューを組んで入社に備えてもらうことになります。このようなプロセスを踏まえた人材採用活動を行なっている企業は、少数です。しかし採用コンサルティングセミナーを受けることにより、こういった効果的な人材採用プロセスを社内に根付かせることが出来るようになります。さらに採用コンサルティングセミナーでは、常に変化する人材採用マーケットの動向が示されもします。こういった問題のあぶり出しから、解決策の策定、実施、評価というプロセスが採用部門だけではなく全社的に広がれば、企業は持続的な業務改善プロセスを手に入れることが出来るのです。

一覧はこちら

採用コンサルティングランキング

TOP