採用コンサルティング関連情報

HOME採用コンサルティングで企業の採用力を強化

最終更新日:2017/11/20

採用コンサルティングで企業の採用力を強化

手を重ねる

企業が人材の採用を図る場合、戦略性が要求されます。それは企業が成長し利益を上げていくうえで人材の有効活用が非常に重要であるからです。しかしほとんどの企業がそういった観点からの人材採用プロセスを取っておらず、採用テクニック論に矮小化された、いわゆる「戦術性」のみの追求に終始しているのが現状です。採用プロセスを戦術レベルから戦略レベルに引きあげるというのは、非常に困難が伴い、社内の人材だけで行おうとしても失敗することがほとんどです。なぜならレベル引き上げには人材市場やマーケティングに関する高度な知識とノウハウの蓄積が必要になってくるのですが、一般の特に中小企業においてそれらのソリューションを社内資源から抽出することが出来ないからです。しかし採用業務の重要性を鑑みると採用力の強化というのは非常に優先順位の高い課題と言えます。ではどのようにすればこの課題が解決できるかというと、それは採用コンサルティングを上手く活用することにより解決できるのです。採用のコンサルティングのメリットとしては、以下の項目が上げられます。

・最新の採用市場情報へのアプローチ
採用市場というのは学生の価値観や社会の価値観、企業同士の取り決めにより刻々と変化しています。この変化を上手く捉えることが、他者との採用競争に勝つために重要なのですが、一般の企業がその最新動向を得ることは困難です。しかし採用コンサルタントなら常に最新の動向を把握しています。

・見えない課題の抽出
採用活動を行う際には、必要な人材を見極める必要があり、その見極めには企業の問題点や課題をあぶり出す必要があります。しかし、自分自身の問題を見つけることは困難であることが多いのですが、採用コンサルタントに依頼を行えば第三者の客観的な視点で課題の整理が出来ます。

・採用したいと考える人材への接触が容易になる
企業が人材を採用する場合、採用候補者への接触をどのようにするのかが大きな課題です。採用に当たっては、よりたくさんの人に接触した方が、より良い人材に出会える可能性が高くなります。採用コンサルタントに依頼を行うことにより、沢山の採用候補者と接触する機会が得られます。

・採用した人材の教育
採用コンサルタントは人材の獲得業務だけではなく、人材の教育・育成も行っています。採用から育成までも一貫して行うことにより、よりきめ細かな人材育成を行えます。
このように採用コンサルタントの業務は非常に専門的なのですが、これをうまく活用することにより、より優れた人材を確保できる可能性が高まるのです。

一覧はこちら

採用コンサルティングランキング

TOP