採用コンサルティング関連情報

HOME採用コンサルティングに寄せられる悩みとは

最終更新日:2017/11/20

採用コンサルティングに寄せられる悩みとは

右手を差し出している人

企業活動において人材の確保・有効活用・能力向上の重要性は言うまでもありません。人材に関する問題点の克服無くして企業の発展は見込めないからです。しかし、この点の克服をスムーズに行っている企業というのは非常に稀です。どの企業も多かれ少なかれ問題を抱えています。それどころか問題があるにもかかわらず、その把握さえ出来ていない企業も数多くあります。問題を抱えた企業は社内にて問題解決の手法を探るのですが、大抵はうまく行きません。なぜなら人事に関する問題の解決は専門的な知識や経験またはノウハウの蓄積が必要となる場合が多いからです。採用のコンサルティングは相談を受けると専門家としての立場から的確なアドバイスを行います。

・採用のコンサルティングの相談としては以下のような物が寄せられます。
a 採用広告を出しても希望者が現れない。
b 合同企業説明会などに参加しても自社の魅力を伝えることが出来ずない。
c 自社が必要とする人材へのアプローチが出来ない。
d 人事部が高評価で採用した人材にも関わらず、社内での評判が良くない。
e せっかく優秀な人材を採用したのに、すぐに退職してしまう。
f 採用した人材への効果的な教育。

この内、a、b、cに関しては採用するにあたって母数を確保できないというものです。この問題についてはインターンシップの充実、採用マーケットへの有効なアプローチの提案、合同説明会における魅力的なブース造りの提案、プレゼンテーション資料の作成といった解決策を提示が提示されます。d、eについては、そもそもの採用活動への取り組みの入り口である、自社のSWOT分「S:強み (strengths)、W:弱 み(weaknesses)、O:機会 (opportunities)、T:脅威 (Threats)」がしっかりと行われておらず、自社に必要な人材を人事担当者がしっかりと把握していないために起こる問題です。社内への聞き取りとマーケティング手法を使った分析により本当に必要な人材を見極めたうえで、採用活動をすることによって解決されます。fは企業の問題点と研修を行う人材の適性が正確に把握できていないために起こる問題なので、分析のうえ最適のカリキュラムの提供が行われます。主な採用のコンサルティングの相談事項とその解決方法について例示して見ましたが、そのほかにも採用コンサルティングへは様々な相談が寄せられます。また、採用コンサルティングに寄せられる悩みというのは企業活動の中でも氷山の一角です。そして、採用コンサルティングが提供する解決策は普遍的な物であるので、これを全社的に広めることにより、社内全体の意識改革と業務の効率化へと繋げることも出来るのです。

一覧はこちら

採用コンサルティングランキング

TOP